水素水で不妊の原因を解決!体を温めて妊娠しやすい体質作り

男性不妊の原因

男の人

妊娠できない原因は女性にあると考えられていましたが、男性に原因がある場合があります。この男性不妊には先天性と後天性に症状が分かれます。先天性の場合は、発育状態に問題が起きて性機能に支障が出る場合が多いです。逆に後天性の場合は、生活習慣や食生活などが原因で引き起こされます。先天性、後天性に関わらず男性不妊の原因には無精子症という病気があります。

無精子症とは、精子が全くない症状のことで、現在急増しています。避妊せず一年近く性行為を行なえば妊娠するものですが、無精子症は一年以上行為を行なっても妊娠しません。この症状は放置していても治るものではないので、症状に気づいたら病院で検査を受けることが大切です。無精子症の症状に心当たりのある方は早めに診察を受けましょう。

一般的な無精子症の検査方法にはフーナーテストと呼ばれるものがあります。これは、検査の当日か前日に性行為を行ない、子宮に付着した精子の状態を確認します。フーナーテストで精子が見つからない場合は、さらに綿密な検査を行なって閉塞性無精子症か非閉塞性無精子症か症状を突き詰めていきます。閉塞性無精子症の場合は、精子の通り道がなんらかの病気でふさがっていることが考えられるのです。病気を治せば妊娠することができる場合もありますが、非閉塞性無精子症はホルモンや精巣に問題があることが多いので、原因の追究が難しいと言われています。しかし、不妊治療を続けていけば、自然妊娠をすることも可能です。